吉田勝次の学歴と波乱万丈な生い立ちに驚愕!結婚に妻&子供&孫は?

エンタメ

こんにちは、ロッキーです!

洞窟探検家というお仕事があるのですね。

世界中の洞窟を探検し尽くしている吉田勝次さんってどんな方なのか、とっても興味が惹かれます。

今回は、吉田勝次さんの学歴や生い立ち、結婚した妻との馴れ初めを中心に記事を作成していこうと思います。

それでは、どーぞ!

画像引用:蔦屋書店

吉田勝次さんの学歴は?

洞窟探検家として活躍している吉田勝次さんですが、学生時代はどんな方だったのでしょうか・・・

どこで洞窟探検に興味を持ったのか気になりますね!

小学生時代

吉田勝次さんは、子供の頃から生き物が好きで、ウサギ、リス、ヘビ、ワニなどの生き物を、自分の家で飼育していたほどです。

小学校時代の友達からついたあだ名は「動物博士」

子供の頃の夢は、生物学者になることだったようです。

どこの学校を卒業したかは、公になっていません。

中学時代

中学生になると、生き物好きから一転して鉄道マニアになったようです!

どこの中学校を卒業したかは、公にされていませんでした。

高校時代

吉田勝次さんが高校生の時、父親が蒸発するとう事件が起きたようです!

中学のころはバイク盗んだとかで半年に一回、警察沙汰を起こしていた。何とか高校に入ったら蒸発癖のあった父親が家出して、ショックを受けた母親が睡眠薬を飲んで救急車で運ばれた。高校行くどころの騒ぎじゃなくなって、八月に退学。

引用:中日新聞

そのことが原因で、母親がショック状態になり、一家離散となってしまいます。

そして、高校を中退せざるを得なくなり、中退後はアルバイトで生計を立てる生活を過ごしたようです。

このことが、波乱万丈な生い立ちの始まりとなりました。

父親が蒸発・・・これだけでも十分波乱万丈な生い立ちと言えますが、これだけでは終わらないのが吉田勝次さんの人生です!

続きをご覧ください。

吉田勝次さんの波乱万丈な生い立ちに驚愕!

吉田勝次さんは、登山を趣味としていました。

どのようにして、「生き物」から「鉄道」になり、最終的に「登山」に行き着いたのでしょうね。

しかし、そのうち登山という趣味に物足りなさを感じるようになったようです。

その理由は、すでに誰かが通った道であり、決められたルートを登山することが面白くなくなったからだそうです。

そんな時、雑誌で参加者を募っていた洞窟探検と出会います!

この雑誌との出会いが後の人生を変えたようです。

この時期、吉田勝次さんは飲食店を経営しながら、毎週のように岐阜県山県市の鍾乳洞を訪れていたようです。

そして、洞窟探検が好きすぎて一般社団法人「日本ケイビング協会」を設立し、洞窟探検のガイドやテレビ撮影のガイド・サポート、洞窟ガイド及びレスキューの育成活動を行なっているようです。

現在は、建設業を営む有限会社勝建において代表取締を務めています。

学生の頃に父親が蒸発し、相当荒れた少年時代を過ごした吉田勝次さんですが、今では建築会社の社長をしながら世界の洞窟を探検している!

波乱万丈な人生を過ごした経験値から、魅力ある人間性が溢れ出ているのでしょうね!

吉田勝次さんの結婚した妻&子供&孫は?

吉田勝次さんは、結婚して子供がいます。子供の数は6人!しかも孫が5人いるというから驚きです!

洞窟探検に出かけると、1ヶ月は平気で家を空けているようですので、子育てはほぼ奥様が一人でやられていたのでしょうか・・・

奥様は一般の方のようで、顔写真やプロフィールなどの情報を入手することができませんでした。

奥様は、命がけで行う洞窟探検に対してどのように思っているのでしょうね・・・

というか、吉田勝次さんは、命の危険があるような洞窟探検はしていないと奥様に言っているようですが、奥様がテレビを見ればすぐにバレてしまいますよね・・・(笑)

それにしても、6人の子供がいるとは・・・やはり命をかけた仕事をしているから、エネルギー量が半端ないんですね!

【 おすすめ記事 】こちらも『クレイジージャーニー』に取り上げられた田中陽希さんの記事です。合わせてお読みください。

まとめ

今回は「吉田勝次の学歴と波乱万丈な生い立ちに驚愕!結婚に妻&子供&孫は?」という題名で記事を書きました。

これからも、命を大切にしながらも、私たちがいけない洞窟の中の風景を見せていただけることをたのしみにしています!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました