世界の果てまでいってイッテQ!宮川大輔が参加した「人間の塔祭り」で「カタフンバ」

芸能

画像引用:日本テレビ

大好きなテレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」お祭りコーナーを紹介していこうと思います。

今回の舞台は情熱の国スペイン!

私が、一度は訪れてみたい国です。スペインのお祭りには「牛追い祭り」「トマト祭り」など、スペイン独特の文化がありますよね。

今回は、宮川大輔さんが参加したの「人間の塔祭り」について調べてみようと思います。

「人間の塔祭り」ってどんなお祭り?

画像引用:TABIZINE

歴史はどのくらいあるの?

スペインのカタルーニャ地方で、200年以上続く伝統的な行事であり、カタルーニャの民族的象徴でもあります。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

2010年には、ユネスコの無形文化遺産に記載されました。

日本で行われている組体操。そのルーツもこの人間の塔から来ているようです

私も中学校時代4段タワー作りました・・・さらに全員ピラミッドという学年全員で作るピラミッドも・・・今の時代はもうあんな過激な組体操はできないようですが・・・

いつ行われてるの?

2年に一度、発祥の地と言われるタラゴナで、主なチームが集まって競技会を行なっています。

「人間の塔」の活動をしているのは60チームに及び、スペインだけでなく、フランスや中国にも存在しています。

最近では、小さなお祭りにも登場するようになった「人間の塔」ですので、運が良ければ観光した時期にやっていることがあるようです。

大体は、週末の土曜日もしくは日曜日の12時ごろに始まり、約1時間半から2時間程度に渡り演技が披露されるようです。

しかし、クリスマスシーズンには開催されないことが多いため、観光に行く際は開催状況を調べて行く必要がありそうですな。

どこの国のお祭りなの?

スペイン→カタルーニャ州→タラゴナとGoogleマップで追ってみてみたいと思います。

ここです!

お祭り男宮川大輔は活躍できたのか?

宮川大輔さんは、年間ランキング4位という強豪チームの一員として「人間の塔祭り」に参加しました。

「エラい祭りに来てもたわ〜」と語っていた宮川大輔さんでしたが、メンバーの身長や体重をデータ化し、最適なポジションを組む様子を見ながら次のように語っていました。

ほんま凄い!誰一人手を抜いてる人がいない。皆さんの真剣な気持ちが伝わって泣きそうになるわ。さっきまでエラい祭りに来たと思ってたけど、めっちゃえー祭りや」

実際、宮川大輔さんは頂上には登りませんでしたが・・・

祭り本番では、塔の頂上に子供が到達した瞬間、塔が揺れ始め、上部にいた子供たちが地上6メートルの高さから落下す流という事故が発生しました。

幸い負傷者が出ずにホッとしましたが、一歩間違えると命の補償がないお祭りだということが伝わってきました。

続いて「王冠型の塔」では、お祭り男の本領を発揮!宮川大輔さんは中段で子供を支える大役を、手を震わせながらも無事に果たすことができました。

まとめ

今回の「人間の塔祭り」は、学生時代に組体操をしている人には想像しやすいのではないでしょうか?

規模が大きく違いますが、下の人が上の人を命懸けで支え、上の人は下の人を信じて登っていく。

チームが一体となる競技なだけに、観ている人を感動させるのだと思います。

スペインの「人間の塔祭り」がこれからも安全に行われることを願っています。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました