赤ペン瀧川の本名や経歴は?過去に相棒出演した回はダークナイト!

エンタメ

赤ペン瀧川さんは、『相棒』シリーズの新シーズンスタート直前の配信企画では、毎年のように進行役を担当しています。

個性的な赤ペン瀧川さんが、『相棒22』の2023年最後のゲストとして登場するとなれば、ファンとしては見逃すことができない回になること間違いなしですね!

今回は、赤ペン瀧川さん本名や経歴過去に出演した『相棒』について調べてみようと思います。

画像引用:ヤフーニュース

赤ペン瀧川さんの本名は?

赤ペン瀧川先生のトレードマークは、ボーラハットに蝶ネクタイ、黒縁メガネに大きな赤い赤鉛筆を持っている姿です。

なんで赤ペンを持っているのでしょうか・・・?

それは、まだツイッターがない時代、ミクシーという媒体がSNSの主流だった頃、迷惑メールに1行ずつツッコミを入れていくという赤ペン添削をしたことがきっかけで、そう呼ばれるようになったようです。

そして肝心の赤ペン瀧川さんの本名は瀧川 英次(たきがわ えいじ)さんといいます。

赤ペン瀧川さんの経歴は?

生年月日 : 1977年12月27日

出身地  : 神奈川県

出身校  : 桐朋学園芸術短期大学中退

赤ペン瀧川という名前で添削家、映画プレゼンターを行う傍、瀧川英次という名前で俳優、演出家を行うという、二つの顔を持っています

俳優業としては、舞台、テレビドラマ、配信ドラマ、映画、ウェブテレビなど、ほとんどのメディアでその存在感を示しています。

私の好きな映画である『コンフィデンスマン』シリーズのちょび髭役が赤ペン瀧川さんだったんですね!

そうそう!この人でした!赤ペン瀧川さんのキャラクターを完全に消してますね〜改めて見返してみようと思います!・

赤ペン瀧川が過去に『相棒』に出演した回はダークナイト

2023年12月放送の『相棒22 第9話』にゲスト出演する赤ペン瀧川さんが『相棒』の第ファンだということはよく知られていますね。

そんな赤ペン瀧川さんが、2015年の『相棒13』の最終回スペシャルに登場していたことはご存知でしょうか⁉︎

左に座っているのが瀧川英次さんです。この時の役柄は「模倣犯」でしたね。

画像引用:テレビ朝日

『相棒13』と言えば・・・ファンの間に衝撃が走った、成宮寛貴さん演じる甲斐享さんが引退した会ですよね!!

その衝撃の最終回に出ていたとは・・・それだけ『相棒』好きが認められていたのですね。

画像引用:テレビ朝日

【 おすすめ記事 】こちらも『相棒』にゲスト出演した中尾ミエさんの記事です。合わせてお読みください。

まとめ

今回は「赤ペン瀧川の本名や経歴は?過去に相棒出演した回はダークナイト!」という題名で記事を書きました。

赤ペン瀧川さんが、出演したということで、成宮さんのようなサプライズがあるのか??もしかしたら『相棒』終焉のサインなのか??と勘ぐってしまいました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました