篠崎恵美の経歴や映画作品が凄い!米津玄師ともコラボ?

エンタメ

フラワークリエイター篠崎恵美さんが、『情熱大陸』に出演します。「世界を花で満たしたい」という思いを持つ篠崎恵美さんの作品は、私たちの日常に知らないうちに浸透しているようです。

雑誌や広告、数々のアーティストのジャケットやMV、店内装飾の場面で、篠崎恵美さんが命を吹き込んだ花が輝きを放っているようです・

今回は、フラワークリエイターの篠崎恵美さん経歴や、映画と関係する作品、歌手の米津玄師さんとコラボした時の作品を取り上げてみていきたいと思います。

画像引用:MBS毎日放送

篠崎恵美さんの経歴は?

生年月日 : 1981年生まれ

出身地  : 栃木県宇都宮

偶然通りかかったフラワーショップとの出会いをきっかけに独学でフラワークリエイターの世界へ飛び込みます。

その後、クリエイティブスタジオ「edenwaorks」を立ち上げます。

「edenwaorks」の理念は「花を棄てずに未来に繋げる」です。とっても素敵ですよね・・・花のロスを最大限になくすデザインを考えているようです。

主な仕事は、店内装飾、ウインドウ装飾、雑誌、広告、CM、MVなど花にまつわる活動が多く、多くのアーティストや有名ブランドとコラボをしています。

その一部を次の章で見ていくことにしましょう。

篠崎恵美さんの映画作品が凄い!

映画「竜とそばかすの姫」で主人公の花のドレスをデザイン!

篠崎は、花をモチーフにした冒頭の真紅のドレス、竜とのダンスシーンでのピンクのドレスを担当。

画像引用:シネマトゥデイ

映画「竜とそばかすの姫」をご覧になられた方はわかると思いますが、映像が華やかで美しい印象のアニメだったのではないでしょうか⁉︎

その中に使われている花をモチーフにしたドレスが篠崎恵美さんの作品です。とっても配色が華やかで綺麗ですよね。

画像引用:シネマトゥデイ

舞台「千と千尋の神隠し」のポスターの花のセット

2022年に公開された舞台「千と千尋の神隠し」は、主演千尋を橋本環奈さんと上白石萌音さんがWキャストで演じたことが話題になりましたよね。

その作品のポスターをごらんください。花に包まれた橋本環奈さんに目が行きますが、今は周りのお花に目を向けてくださいね!!

画像引用:Japaaan

原作のダークな色使いとは対照的な明るい華やかなイメージを与えるポスターですね。花に包まれた千尋がさらに引き立つ色合いの花を選ばれているのが素晴らしいですね。

篠崎恵美さんは米津玄師さんともコラボした?

2018年のNHK紅白歌合戦に出場した米津玄師さんの頭上に・・・なんだ?

これこそ、篠崎恵美さんが作成した傘のオブジェです。

画像引用:日刊スポーツ

なんで傘のオブジェなの?という疑問が湧きます・・・

これは私の私見ですが、米津玄師さんの涙を傘が受け止めているのではないかと考えています。その根拠はこれです。

敬愛する祖父が制作中に亡くなったという「Lemon」を冒頭から目をつぶって歌い、1番を歌い終えると目を開けた。2番に入ると再び目をつぶり、祖父への思いを込めるように歌った。

画像引用:日刊スポーツ

テレビで歌ったり、生出演をしたことがなかった米津玄師さんが、地元からの生中継ならということでOKを出した紅白歌合戦。

その米津玄師さんの上にある篠崎恵美さん。あなたはどんな意味があると感じますか・・・?

まとめ

今回は「篠崎恵美の経歴や映画作品が凄い!米津玄師ともコラボ?」という題名で記事を書きました。

フラワークリエイターというお仕事が、私たちの身近におるということを知ることができました。これから、花が写っているものに目が止まるような気がしますね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました