赤荻瞳のすっぴんも可愛い!年齢や年収さらに学歴を調査!【マツコ】

エンタメ

『マツコの知らない世界』にギャル雑誌『egg』をウェブで復刻させた赤荻瞳さんが出演します。

ギャルといえば、外見が派手で常に流行を追っているような女性をイメージしますよね。

今回は赤荻瞳さんメイクをとったすっぴんも可愛いということを画像で確認しながら、年齢や年収、さらには学歴を細かく調査しようと思います。

画像引用:WEBザテレビジョン

赤荻瞳のすっぴんも可愛い!

ギャルの命はメイクなのではないでしょうか!

昔コギャルというのが流行った時に、黒ギャルという顔が黒くてメイクが白い人たちがいましたよね・・・

画像引用:pinterest

令和の時代には、ほぼ絶滅したのではないかと思われていたギャルが、まだ一部では進化を遂げていたようですね。

伝説のギャル雑誌を復活させたのが赤荻瞳さんです。

その赤荻瞳さんが、ギャルの命であるメイクを取った姿がこちら!

すっぴんでも随分可愛いですが、やはりメイクをするとさらに美しさが増しますね!

「女の子って楽しいね」という言葉に、化粧の魔力が込められているように感じます・・・

赤荻瞳さんの年齢は?

赤荻瞳さんの生年月日は、1996年9月6日です。

ということは、2024年で28歳になります。

赤荻瞳さんの年収は?

『egg』編集長としての年収

赤荻瞳さんはギャル雑誌『egg』の編集長に就任しています。(2022年3月退任)

ギャル雑誌『egg』編集長の年収は明確にされていませんので、他の編集長の年収から想像してみたいと思います。

こちらは、有名企業の編集長の年収です。

引用:給料BANK

このデーターを元に推測すると、800万〜1000万の間ぐらいの年収ではないでしょうか。

シブジョ校長としての年収

さらに、赤荻瞳さんは2023年4月から「渋谷女子インターナショナルスクール」の校長に就任していますので、校長としての年収も調べてみようと思います。

引用:給料BANK

校長先生の年収って、そんなに高くないんですね・・・

編集長の時の方が儲かっていたと考えると、「渋谷に居場所を作りたい」という理念のもとに学校を作ったことがよくわかります。

赤荻瞳さんの学歴は?

小学校

赤荻瞳さんは、埼玉県出身ということがわかっています。

そのため、埼玉県内の公立小学校出身だと思われますが、明確な情報を見つけることができませんでした。

小学校で仲よくしていたグループはPTAから“ギャル軍団”と呼ばれていました(笑)

画像引用:GQ SHOP

小学生の頃から、すでにギャルに憧れてギャルの格好をしていたことがわかりますね。

はっきりしたことは分かれば、こちらに追記いたします。

中学校

赤荻瞳さんは、埼玉の田舎に住んでいたと言っています。

都会ならギャルの服装をした人も近くにいたでしょうが、田舎ならかなり大人の目を引いてしまったでしょうね・・・

中学校も、明確な学校名がわかりませんでした。わかり次第追記します。

「埼玉の田舎に住んでいたので、目立った服を着ているとお母さんや先生に“何そんな格好してるの?”と言われたりしたけど、『egg』はそうじゃない。渋谷は何にも縛られない。そういうマインドの人がいることが衝撃でした。だから、私のなかではeggはカルチャー誌なんです」

画像引用:GQ SHOP

高等学校

出身高校は、さいたま市立大宮西高等学校です。

大宮西高等学校は、2020年3月に閉校しました。現在は、大宮国際中等教育学校と学校名を変更しています。

画像引用:yumeizinhensachi.com

入学した高校でしたが、寝坊が多く学校に行けていなかったことが原因で、修学旅行に連れて行ってもらえないことがわかり、退学したようです。

まとめ

今回は「赤荻瞳のすっぴんも可愛い!年齢や年収さらに学歴を調査!【マツコ】」という題名で記事を書きました。

「渋谷に居場所を!」理念を持って行動する赤荻瞳さんを、これからも応援したいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました