バスケの実績がやばい!全国大会優勝した田中圭は実写版スラムダンクに選ばれるのか

芸能

いよいよFIBAバスケットボールワールドカップ2023開幕線8月25日が迫ってきました。

メインキャスターは人気俳優の田中圭さんが務めます。

田中圭さん?なんで田中圭さんが選ばれたんだろう?

バスケットのドラマに出ていたかな???などと疑問を感じた方のために、田中圭さんの経歴について調べてみようと思います。

きっとビックリされると思いますよ!

田中圭さんのプロフィール

画像引用:スポニチ

生年月日 : 1984年7月10日

出身地  : 東京都江東区亀戸

身長   : 178㎝

血液型  : O型

職業   : 俳優

事務所  : トライストーン・エンターテイメント

主なテレビドラマ

  • 「魔王」
  • 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」シリーズ
  • 「相棒」
  • 「おっさんずラブ」シリーズ
  • 「リハーサルオーケストラ」 等

主な映画

  • 「凍える鏡」
  • 「図書館戦争」シリーズ
  • 「スマホを落としただけなのに」
  • 「そして、バトンは渡された」
  • 「あなたの番です 劇場版」

テレビや映画の他にも、テレビアニメの吹き替えや劇場アニメの吹き替え、ナレーションにラジオ番組、舞台にCMなど、活躍の幅はとどまることを知りません。

マルチに活躍できるオールラウンドプレーヤでしかもイケメン!

天は二物を与えていますよね。

天が与えたのは二物だけではない!バスケットのレベルがマジで凄すぎる

バスケットボールとの出会い

バスケットボールを始めたのが、なんと小学1年生の6歳の頃だから驚きです。

小学校の休み時間は、グランドで野球やサッカーをして遊んでいた私では考えられません。

あの高いゴールにボールを投げて入れてたのでしょうか??

母親がNBAのファンであったことから、バスケットの影響を受けていたようです。

YMCで全国大会優勝

小学4年生から地元のYMCのバスケットチームに加入しました。

小学6年生までYMCでバスケットに没頭し、全国大会優勝するまでの実力をつけるまでになりました。

この時、田中圭さんは小学4年生でメンバーに入るほどの実力であったそうです。才能の塊ですね

その後も高校1年生までバスケットボールを続けていましたが、一年生の時に足の靭帯を痛める怪我をしてしまい、バスケットから少し遠ざかる時期がありました。

その頃に、芸能界への道が開き始めたようですから、人生何がどこでどう転ぶか・・・わからないものですね。

怪我がなく、そのままバスケットを続けていたら、W杯のレギュラーメンバーとしても活躍していいそうなオーラは持っていますよね。

JAPANメンバーの富樫勇樹さんとも交流あり

画像引用:バスケットボールキング

20代の頃には友人らとクラブチームに参加し、俳優業をしながらバスケットを楽しんでいました。

その時に当時Bリーグ千葉に所属していた富樫勇樹さんとも一緒にバスケットを楽しんでいたようです。

今回のワールドカップは、富樫勇樹の活躍なしでは結果が出ないでしょうね。期待しています。

CMでは、NBAプレーヤーの八村塁選手と共演

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

私は、このCMを見ていた時「え!?田中圭バスケできるの?」なんてことも思わずに見ていました。

当時は、田中圭さんとバスケットがつながっていませんでした・・・お恥ずかしい・・・

まとめ

バスケットボールのW杯が、テレビ放送されたことによって、バスケットをやりたい!という子供が増えたらいいですね。

2022年12月に公開された「THE FIRST SLAMDUNK」の興行収入も148億円を突破したというニュースが出ていたように、バスケット人気が高まっているのでしょう!

次は実写版「スラムダンク」が出ることを期待しています。そうなると田中圭さんは、流川楓役ですかね。

 

タイトルとURLをコピーしました