寺田宜弘の現役時代や父母(家族)の画像は?

芸能

こんにちは、ロッキーです!

今回の『情熱大陸』に、ウクライナ国立バレエ芸術監督の寺田宜弘さんが出演します。

ウクライナという異国で一人バレエと向き合う寺田宣弘さん

今回は、寺田宜弘さんの現役時代の画像や、父母(家族)の画像をご覧いただこうと思います。

それでは、どーぞ!

画像引用:MBS毎日放送

【バレエ】寺田宜弘さんの現役時代の画像5選!

ウクライナ国立バレエの芸術監督に、日本人として初めて就任した寺田宜弘さ

寺田宜弘さん自身も、バレエダンサーだったということをご存知でしょうか?

キエフ・バレエでダンサーとして活躍していたということですから、相当な腕前を持っていたということでしょうね!

なぜなら、キエフ・バレエはボリショイ・バレー、キーロフ・バレーと並び、旧ソ連弾代バレエと言われるほどの人気と実力を兼ね備えたバレエ団だからです。

そこで活躍していた現役時代の寺田宜弘さんをご覧いただきましょう。

画像引用:朝日新聞GLOBE
画像引用:寺田バレー・アートスクール
画像引用:毎日新聞
画像引用:NHKニュース
画像引用:朝日新聞GLOBE

【バレエ】寺田宜弘さんの父母(家族)の画像

寺田宜弘さんの家族は、バレエ関係の方なのでしょうか?父親、母親、奥さんについて、画像を交えながら見ていきたいと思います。

父親と母親

寺田宜弘さんの父親(写真右側)は、京都にあるバレエ・アートスクールの初代校長の寺田博保さんです。

寺田宜弘さんの母親(写真左側)は、寺田バレエ・アートスクールを創設し、現在校長となっている寺田美智子(旧姓高尾)さんです。

画像引用:産経新聞

母親の美智子さんは、長年の文化交流の功績が高く評価され、「ウクライナ文化功労章勲章」を受章されています。

画像引用:寺田バレー・アートスクール

父親の博保さんは他界されていますが、母親の美智子さんは寺田バレエ・アートスクールの校長として、息子が芸術監督を務めるキーウ国立バレエ学校の姉妹校として活躍されています。

2013年に結婚した奥様は、キエフバレーのソリストであるアナスタシアさんです。

お子さんがいるかは不明ですが、とっても仲のいい夫婦であることがわかりますね。

画像引用:話題のツボ
画像引用:話題のツボ

【 おすすめ記事 】以前『情熱大陸』に出演されたファッションデザイナーの小泉智貴さんの記事です。合わせてお読みください。

まとめ

今回は「寺田宜弘の現役時代や父母(家族)の画像は?」という題名で記事を書きました。

ウクライナで世界に向けて芸術の素晴らしさを発信し続けている寺田宣弘さん。

今こそ、芸術の火を消すことなく精力的に活動しなければならない時期だと思います。

芸術にひと時でも心を安らげる瞬間が訪れるよう、これからも頑張って欲しいと願っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました