佐賀龍彦の経歴や彼女は?ミュージカル俳優の活躍が気になる!

芸能

9月21日に『徹子の部屋』に,イケメン美声集団LE VELVETSが出演します。

脳梗塞から復帰した佐賀龍彦さんの現在が多く語られると思います。

今回は,佐賀龍彦さん経歴や彼女の存在,そしてミュージカル俳優としての活躍を調べてみようと思います。

画像引用:WEBサンテレビジョン

佐賀龍彦さんの経歴は?

生年月日 : 1981年1月14日

出身地  : 京都市

血液型  : O型

職業   : 俳優・歌手

出身大学は京都市立芸術大学声学科

国公立の音楽大学では,東京藝術大学に次ぐ難易度の大学である京都市立芸術大学を卒業されています。

京都市立芸術大学出身の有名人としては,世界的指揮者の佐渡裕さんがいらっしゃいますね。

画像引用:浜松市文化振興財団

佐賀龍彦さんは,高い倍率を勝ち抜いた精鋭が集まる京都市立芸術大学で,学生の頃からオペラやミュージカルの活動に精力的に取り組んでいたと思われます。

無名塾に入塾

無名塾とは,仲代達矢と宮崎恭子の自宅にあったプライベートの小さな稽古場からスタートした,「素敵な次代の役者を育てたい」というコンセプトのもとに始まった塾のことです。

佐賀龍彦さんは,この無名塾の26期生として入塾し,新劇やミュージカルに多数出演して力をつけました。

個人的には「無名塾」の名前の意味に興味が湧きました。ホームページ書かれている「無名という言葉の意味」に感銘を受けました。

無名という言葉には、どんな役者でも「無名に戻ったつもりで」修業に帰ってこられる場所という意味も込められています。設立の頃から、仲代と宮崎は「ここを出て自由に羽ばたいていった後、壁にぶつかった時に、原点に帰れる場所があるといい」と考え、無名塾は回帰修業の場でもあるとしています。キャリアを積んだ者と若い者とが切磋琢磨できる場所。舞台に立てば、塾長である仲代も新入塾生も同じ役者という姿勢がそこにはあります。

『無名塾 ホームページ』

佐賀龍彦さんも,この教えを心に留めながら,日々の活動に精力的に取り組んでいると思います。

役者として忘れてはいけない初心を常に持って精進しなさいという教えは,俳優業以外にも通じるところがありますね。

LE VELVETSって何?

画像引用:HATS

イケメンホスト集団?と思ってしまうほど,容姿端麗なボーカルグループLE VELVETS!

このメンバーは,音楽大学卒業で身長180センチ以上という条件をクリアしたメンバーで構成されました。

個人的には当然ルックスも審査基準に入っていると思っていますが・・・

グループ名のLE VELVETSの意味は,柔らかく、上品で滑らかな生地、「Velvet」から取った名前です。


メンバーは,テノール(高い声)3人,バリトン(低い声)1人で構成されています。


歌唱ジャンルは,クラシックはもちろんロックやポップス、ジャズ、ミュージカルなどに及び、幅広いファンに歌声を届けている人気グループです。数々のライブを行なっており,日本全国にファンがいる人気ボーカルグループです。

佐賀龍彦さんに彼女はいるの?

イケメン佐賀龍彦さんの美声を聞くと、心が癒されて惚れてしまう女性は少なくないのではないでしょうか

私も気になりましたので調べてみましたが,2023年現在,彼女の存在や結婚の情報はどこにも見当たりませんでした

佐賀龍彦さんは,脳梗塞で倒れたことがあります。

そのため,彼女や結婚どころではなかったのかもしれませんね・・・

現在は,脳梗塞からも復帰されていますので,今後甘いルックスと美声で,数々の女性の心を射抜くのではないでしょうか。

現在は,夢を叶えることに忙しい毎日を送っているようです。

佐賀龍彦さんの出演したミュージカルは?

佐賀龍彦さんは,ミュージカル俳優としても活躍されています。過去に出演したミュージカルの一覧です。

  • 美女と野獣
  • 最終陳述〜それでも地球は回る
  • ボディガード
  • BLUE RAIN
  • The PROM

どの公演も美声を響かせ,観客の心を鷲掴みであったことと思います。

最近では,お笑い芸人ジャングルポケットの斎藤慎二さんと「ミュージカルは最強です!は〜い!」に出演し,コントに挑戦したり,ミュージカルナンバーを歌ったりしながら,新たなファンの獲得に努めていたようです。

個人的には,ミュージカルやオペラといった文化が,もっと大衆に受け入れられるためには,お笑い芸人やスポーツ選手など,違ったコミュニティーの方々と積極的に交流していくことが大切だと感じています。

今回は,お笑いを見に来た方々に,ミュージカルの魅力を感じてもらえたのではないでしょうか

まとめ

今回は,佐賀龍彦さんについて調べてみました。

脳梗塞からも無事に復帰され,様々な活動に力を注いでいるようです。

これからも,美声で多くの方々の心に響く歌を歌ってくださることを期待しています。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました