小林美駒の経歴や家族は?同期の騎手や競馬学校の倍率を調査!

スポーツ

「ルーキー小林美駒騎手が落馬、頭部の負傷と診断」というニュースが流れて来ました。レース中の事故で落馬し、頭を打ったということですので、大事に至らなければいいのですが・・・心配ですね。

私は、競馬をしない人間なので、この記事を見て初めて女性ジョッキーの存在を知りました。

その時に、小林美駒選手「経歴」や「家族」、「同期の騎手」や「競馬学校の倍率」が気になりましたので調査してみようと思います。

画像引用:競馬のおはなし

小林美駒騎手の経歴は?

2005年:新潟県新潟市西区にて誕生

2014年:兄が通っていた乗馬スポーツ少年団に入団(小学生)

2017年:内野中学校入学

2020年:競馬学校へ入学

2023年:騎手としてデビュー

小林美駒騎手の家族は?

プロ野球選手や柔道、レスリングなど、若い頃から活躍する選手は、家族の影響を強く受けている人が多いように感じます。

小林美駒騎手の家族も競馬で活躍しているのでしょうか?

小林美駒騎手は、幼少期から両親に送り迎えしてもらいながら、新潟競馬場の乗馬センターで馬に乗っていました。

両親は、とっても馬好きだったようで、幼少期の子どもたちに馬と関わる時間を積極的に作っていたようです。競馬のジョッキーという情報はありませんでした。

しかし、子ども全員の名前に「馬」をつけるほど、馬が好きだったようですね!!

きょうだい全員の名前に『馬』がついていて、両親が競馬好きだったんです

引用:中日スポーツ

小林美駒騎手の同期のジョッキーは?

画像引用:東スポ競馬

小林美駒騎手の同期は6人います。6人のうち男性が4名、女性が2名です。

写真の左から田口貫太騎手、佐藤翔馬騎手、小林美駒騎手、小林勝太騎手、河原田菜々騎手、石田拓郎騎手です。

同期に負けたくない気持ちと、女性騎手の先輩方がすごい成績を残していますし、自分の競馬をしっかりしようと思います」と抱負を語る

引用:中日スポーツ

負けず嫌いが感じられますね!勝負師はこうでなくちゃ!!

小林美駒騎手が入学した競馬学校の倍率は?

JRA競馬学校騎手課程とは、JRAの競馬騎手免許試験に合格することを目標に、騎手になるために必要な各種指導を受ける騎手課程のことです。

2023年は、全国から約200名の応募があり、合格したのはたった7名という狭き門でした。倍率は、毎年30倍ぐらいになるということです。

【 競馬学校への入学条件 】

1、年齢が15歳以上20歳未満

2、誕生日による体重制限があります。(令和3年4月入学の場合)

引用:キャリアガーデン

3、視力は裸眼で左右とも「0.8以上」。色別力、聴力、健康状態が騎手の業務を行うのに支障のない者となっています。

かなり細かく、厳しい条件があることがわかりました。

【おすすめ関連記事】こちらも笑顔の可愛い選手の記事です。可愛いですよ〜ぜひご覧下さい。

まとめ

今回は、「小林美駒の経歴や家族は?同期の騎手や競馬学校の倍率を調査!」という題名で記事を書きました。

落馬事故にあった小林美駒騎手の容態が心配です。早く元気に馬にまたがる姿を見せてください。

これからの活躍を期待しています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました