藤波朱里の出身高校・大学や実績は?兄と父も元レスリング選手

スポーツ

レスリングの世界選手権で,53キロ級の藤浪朱里(ふじなみ あかり)選手が優勝しました。

今回は,来年の夏に開催されるパリ五輪に内定し,初の五輪切符を手にした藤浪朱里さんの出身校とこれまでの実績を中心に,兄や父がレスリング選手であった事実をまとめてみようと思います。

画像引用:日刊スポーツ

藤浪朱里選手の出身校と実績(プロフィール)

藤浪朱里選手のプロフィール

生年月日 : 2003年11月11日

身長   : 164㎝

出身地  : 三重県四日市市

藤波朱里選手の出身小学校と実績

藤浪朱里選手の出身小学校は,三重県 四日市市立下野小学校です。

藤波朱里選手とレスリングとの出会いは,4歳の頃父親の俊一さんに教えてもらったことが始まりでした。

7歳上に兄がいて,すでにレスリングを始めていたことも大きく影響したようです。

画像引用:東海テレビ

藤波朱里選手の出身中学校と実績

画像引用:中日新聞

藤波朱里選手の出身中学校は,三重県 四日市市立西朝明(にしあさけ)中学校です。

中学校にはレスリング部がなかったため,父親の俊一さんが主催するジュニアクラブで活動を続けていました。

現在(2023年9月)までに連勝記録を「127」に伸ばしていますが,連勝が始まった最初の1勝が『全日本女子オープン選手権(中学生48kg級)に2回戦でした。

この頃からすでにオリンピック出場の夢を周囲に語るようになり,メキメキと実力をつけていったようです。

中学3年生の時には,「JOCジュニアオリンピックカップ(カデット49kg級)」で優勝の快挙を成し遂げ,どんどん注目される選手へと成長を遂げていきました。

藤浪朱里選手の出身高校と実績

藤浪朱里選手は,いなべ総合学園高校を卒業しています。この学校は,2001年に三重県立員弁高校を改編して誕生した,県立の男女共学の学校です。藤浪朱里選手の兄藤浪勇飛さんもこの学校を卒業しています。

藤浪朱里選手は,高校時代からレスリング部に所属し,毎日オリンピック出場を夢見てトレーニングに励んでいました。

父藤浪俊一(しゅんいち)さんは,この学校で教員をしており,レスリングの指導を行なっていました。

親子で世界で戦うことを夢見て努力していたのでしょうね。今回の金メダル獲得で,一番喜んでいるのは父親の俊一さんかもしれません。

藤浪朱里選手は,高校時代の練習環境を振り返り「共学のレスリング部だったため,男子選手と練習できる環境が整っていたことが強くなれた秘訣だった」と後のインタビューで話しています。

中学時代からその才能を発揮してはいましたが,高校入学後すぐ(一年生時)に「インターハイ(53kg級)」に出場し,強豪がひしめく中,見事優勝を成し遂げています。

藤波朱里さんの通う大学と実績

藤波朱里さんは,2023年現在,日本体育大学 体育学部体育学科 に在籍しています。大学に入ったと同時に,父親の俊一さんは日本体育大学のコーチに就任し,高校の時と同じく二人三脚で世界の頂点を目指しています。

また,藤浪朱里さんは大学の寮に入ることを拒み,父親と二人でアパート暮らしを選択しました。それは,試合前の減量に困らないように,日々食事の管理をするためだと言われています。

大学生でおしゃれもしたいでしょうが,今はレスリング一筋のようですね。

中学生の時から続いていた連勝記録は,大学一年生の2022年6月に100連勝に到達しています。その試合は,「明治杯全日本選抜選手権(53kg級)」の決勝戦で,奥野春菜選手に勝って達成しています。

画像引用:日刊スポーツ

藤波朱里さんは,2023年9月までに,自身の公式戦連勝記録を127まで伸ばしています。この記録は、あの「霊長類最強女王」吉田沙保里選手を抜いた大記録です。

ただし吉田選手は「個人戦」に限定すれば、「206連勝」の途方もない記録を打ち立てています。連勝が119でストップしたと言われているのは、女子ワールドカップの団体戦で判定負けを喫したからですので,正確には「206連勝」の記録を持っていると言えるでしょう。

ちなみに五輪4連覇の伊調馨選手の連勝記録は「189連勝」です。ますは,189連勝を超えてから,偉大な記録である206連勝を超えていってほしいと期待しています。

藤波朱里選手の兄は元レスリング選手?

藤波朱里選手のお兄さんは,藤浪勇飛選手です。現在は総合格闘技の選手として活躍されていますが,山梨学院大学在学中には,世界選手権で銅メダルを取るほどの実力でした。

小さい頃から,兄と練習する環境があったから強くなれたと語る藤浪朱里さん。今後も兄の活躍する背中を追って強くなっていくのでしょうね。

藤浪朱里選手の父親は?

画像引用:サンスポ

父の藤波俊一さんは,三重県の桑名工業高校出身で,その後日本体育大学に入学しレスリング部で活躍しました。大学時代の実績は,国体優勝!しかも1985年,1986年の2連覇!を成し遂げています。

指導者としては,いなべ総合学園高校の監督を務め,レスリング部を全国大会に導いています。その実績が評価され,日本体育大学のコーチの就任しています。

やはり藤波朱里選手のDNAにレスリングの技術が組み込まれているのですね!今後の二人三脚での活躍がとっても楽しみです。

まとめ

今回は,パリ五輪出場に内定した藤浪朱里さんについて調べてみました。吉田選手の偉大な連勝記録に挑む若き日本のエースが,今後どんな活躍を見せてくれるかとっても楽しみですね。

パリ五輪まで連勝記録を伸ばし,是非とも「霊長類最強!」の称号を手にして貰いたいと思います。これからも応援します!

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました