ゆりやんの出身中学や芸名の由来は?語学力が高いって本当?

芸能

女芸人№1『THE W』第1回優勝、『R-1ぐらんぷり』も制した、人気女性ピン芸人のゆりやんレトリィバァさんが、『情熱大陸』に出演します。

ぽっちゃりキャラが売りかと思えば、激やせでシュッとしてからのリバウンド・・・芸のためなら自分の体重までコントロールするプロ根性に毎回しびれます!

そんなゆりやんレトリィバァさんは、中学校時代にいじめにあったことが、現在の「お笑い」の原動力となっているようです。

今回は、ゆりやんレトリィバァさんいじめをうけた中学校や、犬の名前がついている芸名の由来、さらにはアメリカ進出には欠かせない語学力の高さについて調査していこうと思います。

画像引用JCAST:テレビウォッチ

ゆりやんレトリィバァさんはいじめを受けた出身中学は?

ゆりやんさんは、中学校時代にいじめを受けたと告白しています。今でこそ、お茶の間の皆さんに笑いを提供している彼女ですが、過去には辛い思い出があったようです。

昔も今もなくならない「いじめ」問題。文部科学省の国立教育政策研究所の調査によると、小学校4年生ごろから、中学3年生ごろに「いじめ」が発生しやすいことが分かっています。

引用:ストップ いじめ!ナビ

ゆりやんさんも、このじきに「いじめ」をうけて苦しんでいた一人だったようです。

ゆりやんさんが通っていた中学校は、奈良県吉野町立吉野中学校です。

中学校ではテニス部に所属していました。そのテニス部のキャプテンに名乗り出たことをきっかけに、部員から悪口をいわれるうようになり、いじめが広がっていったようです。

テニス部のキャプテンに名乗り出たことをきっかけに、悪口を言われるように。次第にエスカレートしてテニスボールを当てられる暴力を受けていたことをテレビ番組で告白しています。またクラスでもギャルのグループに入ろうとしたところ、“ゆりちゃんはちょっと違う”と仲間はずれにもされたそうです

引用:週刊女性PRIME

おそらく、明るく元気なキャラで友達の輪の中に入ろうとして、空回りしてしまったのではないでしょうか・・・

しかし、いまやピン芸人として自分一人の力で世の中を笑顔にしているゆりやんさんを、仲間はずれにする人はもういないのではないでしょうか!

自分の力で自分の居場所を勝ち取ったゆりやんさんは凄いですね!

ゆりやんレトリィバァの芸名の由来は?

「ゆりやん」と先ほどから言っていますが、正式な芸名はゆりやんレトリィバァ」です。

何故「ゆりやん」だけではなく、「レトリィバァ」を加えたのか、興味がわきますね・・・

芸名は、高校時代からのあだ名「ゆりやん」と、NSC入学当時に友人との間で流行っていた「ゴールデンレトリィバァ」の2つの候補で悩んでいたが、芸名を申請する際、試しに両方を合わせた「ゆりやんレトリィバァ」を言ってみたところ、いい感じだったため決定した。

引用:ウィキペディア

ールデンレトリィバァは、確かに流行った時期がありましたね!

しかし、そこから芸名を取ったとは知りませんでした。

当時は、思い付きで付けた芸名だと思われますが、この芸名がアメリカ進出の手助けをすることになろうとは、ゆりやんさん自身もこの時には気が付いていなかったでしょうね。

ゆりやんさんは語学力が高いって本当?

ゆりやんさんは、アメリカのオーディション番組で有名な、America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)へ出場しています。

アメリカの国旗模様のレオタードに身を包み、アメリカのお客さんを爆笑させています。(写真をのせにくいのがつらい・・・)

その時、パフォーマンスの後で行われた審査員との質疑応答で、流ちょうな英語を話し、笑いを取っていたのです!

動画の1分30秒ごろからが、ゆりやんの語学力の高さを確認できますよ!!

英語を話せる人は少なくありませんが、笑いを取ることができる人は少ないかと思います・・・

特に、ゴマを擦りながら自分の泊まっている部屋番号を言うなんて・・・どこの国でも受けるネタを、まるで日本語で会話しているように笑いを取っています。

かなりの語学力がなければこの対応はできないでしょうね。ゆりやんさんの語学力の高さはこの動画を見ただけでも分かります!

これは、アメリカ進出も夢物語では終わらないでしょうね!とっても期待が高まります!!

【 おすすめ記事 】こちらはゆりやんさんが憧れていた芸人の記事です。合わせてお読みください。

まとめ

今回は、「ゆりやんの出身中学や芸名の由来は?語学力が高いって本当?」という題名で記事を書いて見ました。

中学校時代にいじめを受けたゆりやんさんが、今や日本だけでなく世界に笑いを提供しようとしています!応援してくなる気持ちが高まりましたね!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました