上野勇希は高校生から必殺技を磨いていた!器械体操が原点か⁉︎

エンタメ

こんにちは、ロッキーです。

『マツコの知らない世界』DDTプロレスラーでサウナをこよなく愛すサウナカミーナの皆さんが帰ってきます。

プロレスラーとは思えない柔和な表情でサウナの魅力を語る彼らの生き生きとした表情をお見逃しなく!

今回は、上野勇希さんの必殺技は、高校時代の部活動で行なっていた器械体操が元になっているのではないか?ということを詳しく調査したいと思います。

それでは、どーぞ!

画像引用:DDTプロレス

上野勇希選手は高校生から必殺技を磨いていた!器械体操が原点か⁉︎

上野勇希選手必殺技の中で、特にインパクトがあるのは、相手の顔の高さまで足が上がるドロップキックWRなのではないでしょうか⁉︎

この二つの必殺技ができるには、相当の運動神経がいると思われます。この身体能力をつけたのが、高校時代の器械体操部でのトレーニングだと推測されます!

それでは、上野勇希選手のイケメンぶり→高校時代にまつわるお話→必殺技の順に詳しくお伝えしていこうと思います。

上野勇希選手のイケメンぶり

その前に、多くの女性ファンを虜にしている上野勇希選手イケメンぶりを画像でご覧いただこうと思います。

甘いマスクにキン肉マン並みの筋肉!こりゃーファンが多いのも頷けますね!

上野勇希選手の高校時代にまつわる話

上野勇希選手は、大阪市立咲くやこのはな高等学校在学時に器械体操部に入部していました

男子が少ない学校であったため、クラスを超えて男子が集まる仲の良い学生生活を送っていました。

そんな時、同級生がプロレス選手になり、試合をするということでみんなで応援に行ったようです。

この時に、上野勇希選手は初めてプロレスに出会い、一瞬で虜になったようです。

その同級生が、竹下幸之介選手です。

画像引用:Wikipedia

同じ学校出身のプロレスラーって珍しいですね。

その二人が試合をするとなると、当時の友達や学校の先生も応援に駆けつけますよね〜

二人が並ぶと、これだけ体格差があるんですね・・・

画像引用:アニメイトタイムズ

ちなみに、大阪市立咲くやこのはな高等学校体操服はこれだったようです。

高校時代こんな感じだったんだと思えるから不思議ですよね。

さらに、高校時代から既にサウナにはまっていたことを思わす投稿をみつけました。高校時代から部活終わりにサウナで汗を流していたんですね。

そして、デビュー当時上野勇希選手の姿がこちら!

既に筋肉は凄いですが、まだ体が一回り小さい感じですね。

必殺技「ドロップキック」

このXの投稿写真をご覧ください!

相手の顔面に両足で綺麗にキックが入っていますね!

打点が高い!と書いてあるように、ここまでの打点を出せる選手はそういません!

これは器械体操の床や飛び箱で鍛え抜かれた足の筋肉がなせる技だと言えます。

こちらの試合動画をご覧いただければ、高校時代の器械体操部での練習がプロレスに生かされていることがわかっていただけると思いますよ。

さらにムーンサルトの美しいこと!!これこそ器械体操で培った最高の技術ですよね!

必殺技「WR」

この技を文章で表現するのが難しいので、映像をご覧ください。よく首が折れないな〜とプロレスラーの鍛え方に感動すら覚えます!

この技は、かける方もかけられる方も、高度な技術が必要ですよね!この技、生で見てみたいな〜

【 おすすめ記事 】こちらもサウナカミーナのメンバーである勝俣瞬馬選手の記事です。合わせてお読みください。

まとめ

今回は「上野勇希は高校生から必殺技を磨いていた!器械体操が原点か⁉︎」という題名で記事を書きました。

上野勇希望選手の身体能力が、高校生の時に部活動で行なっていた器械体操が原点にあることがお分りいただけましたでしょうか!

イケメンレスラーのこれからの活躍を期待しています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました