ラーメンの不思議!鼻水が出る秘密と即効解決法3選を大公開‼︎

エンタメ

秋から冬に移り変わるの従い、少しづつ寒さが身にしみる季節になってきましたね・・・そうなると食べたくなるのがあったかい料理!その代表格が鍋料理ラーメンではないでしょうか⁉︎

特にラーメンは、お昼ご飯にも夜ご飯にもなりえますし、外食先として美味しい店が多いですよね!冬の寒い日に、あったかいラーメンをすする幸わせ・・・想像するだけで、今すぐに食べに出かけたくなります。

しかし、ラーメンを食べている時に一つだけ困ったことが・・・鼻水が出ちゃうんですよ・・・これ私だけでしょうか??

今回は、私の疑問を解消する形で、ラーメンを食べたら何故鼻水が出るのか?をスッキリ解決法付きでお伝えしたいと思います。

画像引用:ZENB

ラーメンの不思議な魔法!鼻水が出る秘密を解明!!

ラーメンをすする時に、鼻水が出てきてしまった経験をお持ちの方は少なくないのではないでしょうか・・・私もその一人です。

ラーメン屋さんをよく見てもらうと、ほとんどのお店で、自分の近くにティッシュ箱が置かれていることに気がつくと思います。

画像引用:池袋を中心としたランチブログ

そして、お隣には鼻をティッシュでつまむお客さんの姿が・・・なんで風邪引いてるわけでもないのにラーメンを食べたら鼻水が出てくるんでしょうか??

その秘密はこうです!

熱い空気で満たされた鼻の粘膜から「鼻水」が放出され、「気化熱」によって鼻の中の温度が下がる、という仕組みになっているんです。

引用:クラシル

ラーメンの湯気こそが、鼻水の原因なのです!

鼻には、取り込んだ空気の温度を調節する機能があります。そのため、ラーメンを食べた時に鼻から入ってきた熱い湯気が肺に入る前に、鼻水を出すことで緩和させる必要があるのです。

ですから、体調が悪い時以外にラーメンを食べて鼻水が出るのは、体が正常に昨日している証拠だと言えるため、喜ばしいことなのですよ!

そうは言っても、食べながら鼻水を流すわけにはいかない状況ってありますよね・・・恋人とラーメンを食べに行っていた時など・・・そんな時に、鼻水を出さない方法があれば知りたくないですか⁉︎

それがあるんです!次の章で詳しく即効解決法を見ていきましょう!

ラーメンの不思議な魔法!鼻水が出た時の即効解決法3選を大公開

一気に早食いをしない

お腹が減っている時の一口目って、たまらないほど美味しいですよね!しかし、その時に咳き込んだりしたことありませんか?

これも同じで原理で、熱い湯気を一気に吸い込もうとしたため、体が防衛的に咳き込ませたんですね。これを回避するためには、ゆっくりと冷ましながら一口目を口に運ぶことがとっても重要になります!

お医者さんもこのように述べています。

熱い空気がそのまま気道、肺に入ってしまうと空気の交換をする大事な臓器がやられてしまうからです。熱い空気を冷ますために鼻水が出るのです。

引用:キャプスクリニック

体を温めてから食べる(特に胃)

冬になると外が寒い影響で、当然体温が下がっていますよね。そこに暖かいラーメンがいきなり入ってくると拒絶反応として鼻水が出てしまいます。ですから、暖房等で温まってから食べるのが理想です。

特に暖かいお茶を飲むなどして、胃を温めるということを試してみてはいかがでしょうか?きっと効果が上がると思いますよ。

薬剤師さんはこのように述べていますよ

体を温めると全身の血行がよくなり、鼻水の症状が和らぎます。首や足首、背中や腰などを温めると全身が温まります。

引用:クラシエの漢方

胡椒・唐辛子・ニンニクを控えめに

鼻は匂いや刺激に特に敏感に反応すると言われていますね。くしゃみがそれをよく表していると思います。胡椒などの香辛料は刺激が強いので、鼻がその刺激から守るために鼻水やくしゃみを出します。

ラーメンを食べる時に、唐辛子や胡椒、ニンニクを入れたくなる気持ちは人一倍わかりますが、今日は鼻水を出せない!という日は、ひかえてみることをお勧めします。

お医者さんもこう述べています。

こしょうなどの刺激が強い香辛料をたくさんふるとくしゃみが出ますよね。あれは、鼻が香辛料を異物と感じ取って、刺激が入り込むのを防いでいるのです。

引用:キャプスクリニック

【 おすすめ記事 】こちらの記事は冬に食べたいさつまいもスイーツの記事です。お取り寄せもできますよ!合わせてお読みください。

まとめ

今回は、「ラーメンの不思議!鼻水が出る秘密と即効解決法3選を大公開‼︎」という疑問を解消する記事を書いてみました。

人生に何度かは、「今日はラーメン食べて鼻水を出せない!」という日があると思います。

ぜひ試してみてください。次回は「ラーメンと健康」というテーマで記事を書いてみようと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました