ダンビラムーチョの経歴やコンビ名の由来から導き出す優勝の確率は?

エンタメ

2023年クリスマスイブに開催されるM1グランプリの決勝に、ダンビラムーチョというコンビが出場することが決定しました!

M1の決勝に進出したのは初めてのことであるため、まだそこまで知名度がないダンビラムーチョ経歴やコンビ名の由来をひもときながら、優勝確率を探ってみたいと思います。

画像引用:朝日新聞

ダンビラムーチョの経歴は?

ダンブラムーチョは2011年4月1日に結成されたお笑いコンビです。二人は、東洋大学の野球サークルで知り合った同級生です。

NSC東京校の16期生で、現在はで吉本興業東京本社に所属しています。

大原優一(ボケ担当)立ち位置は向かって左側

生年月日 : 1989年11月6日

出身   : 山梨県甲府市

出身校  : 東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科卒業

原田フニャオ(突っ込み担当)立ち位置は向かって右側

生年月日 : 1989年5月19日

本名   : 原田 吉洋

出身   : 長野県諏訪市出身

出身校  : 東洋大学社会部(夜間部)を卒業

ダンビラムーチョのコンビ名の由来は?

「ダンビラムーチョ」と聞くと、一部の方々にはあの有名なゲームのキャラクターをイメージするのではないでしょうか・・・

それがこれ!

画像引用:ドラクエ7

ドラゴンクエストというゲームに出てくるキャラクターです。この名前をパクっているのでしょうか??

答えは・・・イエス!芸名の由来は、ドラゴンクエストのキャラクターをそのまま使用しているようです。

ズバリ!M1優勝の確率は?

ダンビラムーチョの漫才を見てみようと思った人は・・・約70万人

ダンビラムーチョのユーチューブ動画「野球あるあるネタ」をみようと思った人が約104万人

こちらは「野球あるあるネタ」ですが、なかなかクセになる面白さです。

M1に持ってくるネタによって、優勝の確率はかなり変わってくるのではないかと予想します。ユーチューブでコンスタントにファンを獲得している「野球あるあるネタ」を最初に持ってくるか、それとも決勝のネタとして温存するか!!

この辺りがピタッとハマれば、優勝の確率も上がってくるのではないかと考えます。くじ運にもよりますが、優勝確率は68%と予想します。

【 おすすめ記事 】こちらも2023年M1決勝戦へ初出場する令和ロマンの記事です。合わせてお読みください。

まとめ

今回は「ダンビラムーチョの経歴やコンビ名の由来から導き出す優勝の確率は?」という題名で記事を書きました。

M1決勝初出場のダンブラムーチョが、どのような漫才をみせてくれるか今から楽しみですね!個人的には野球ネタが見たいな~ これからも応援しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました